現在、無償有償にかかわらず様々な地図や地図サービスがあります。これらの地図にはいずれにも著作権が設定され、その多くで無断複製、改編が禁止されています。地図そのものをユーザの手で直接修正することはほとんどの場合できません。OpenStreetMapは世界中のユーザー自らが地図を書き、発展させる自由なライセンスの地図です。ユーザーが望む新しい道や建物、公園、お店などの地図情報を誰もが自由に追加・編集できます。さらにはその公開された自由な地図データをもとに新しい地図の使い方を創り出せるプロジェクトです。>>>「OpenStreetMapの基本」

2011年3月28日月曜日

Bridge (Seismic damage)

震災後の衛星写真では損傷なく見えた橋も実際は橋が浮き上がった状態で通行不可の箇所が多く見られました。
Humanitarian OSM Tags/Humanitarian Data Model

2011年3月18日金曜日

東北Tsunami Mapping

こちらのhttp://www.sinsai.info/ushahidi/のレポート数、箇所にも反映されていると思いますがマッピングが必要な場所の概要です。
この図を見てください。

A:被災地(直接津波被害を受けた地域) 
B:市街地・集落(直接被害は少ないが被災の影響を強く受けるとともに被災地をフォローする中核地)
C:近郊市町村(避難・支援のキーとなる市町村)

と分類してみました。
宮城北部や岩手には地形的に湾内AとBがセットになっていて壊滅的な被害を受けています。宮城以南、福島沿岸にはA、B、Cの傾向があります。

被災状況把握から考えればAのマッピングは必須です。
しかし、
・津波によって壊滅的な被害を受けた。
・住民はほとんど避難している。
・原発影響で人や被災地の行政機関の移動が進行中。

の点を考慮すると現時点ではB、C地区のマッピングも協力いただきたいと願います。特にB地区は重点箇所、C地区の国県道、公共施設についてフォローを希望します。

2011年3月15日火曜日

After image + GPS log (Bing aerial photograph)

Sad but true Fukushima

2011年3月14日月曜日

JOSMで写真を下絵に地図を書く方法"PicLayer"

JOSMで写真を下絵に地図を書く方法・・・JOSMプラグイン"PicLayer"利用

・JOSMの設定画面>プラグイン>"PicLayer"にチェックを入れる。

・JOSM再起動
・メニューに「写真レイヤー」が追加される。
・写真レイヤー>ファイルからの新しい画像>下絵にしたい画像ファイルを指定する。
・JOSM画面に写真が取り込まれる。
・写真の位置、尺度、回転、縦横変倍を自由に変更できる。
この機能を使って画面上のOSMデータやGPSログに写真をマッチさせる。
注意するのは、写真の位置や尺度を調整する際にはJOSMのレイヤウィンドウで写真jpgレイヤに緑のチェックが入っていないと調整できません。作図する際にはデータレイヤに緑チェックを付けます。
またこのレイヤウィンドウでレイヤの重なり上下移動が可能です。

http://wiki.openstreetmap.org/wiki/JOSM/Plugins/PicLayer

2011年3月10日木曜日

写真トレースでのJOSMプラグイン"Buildings Tools"利用について

Bing航空写真などの建物をJOSMでトレースする際にプラグインBuildings Toolsを使いますが、ただ単純に矩形の建物が簡単に書けるだけでなく他にも便利な使い方がいくつかあるので挙げてみます。
1.Buildings Toolsはタグ"building = yes"だけではなく様々なタグが設定できる。
  sourceタグなどはあらかじめ設定しておくと入力の手間が省けます。
2.複数の建物の方向、角度を揃えて書くことができる。
住宅街やビル群を書く際に建物の向きを揃えたい場合があります。この場合は、
・向きの基準となる建物1つをBuildings Toolsで書きます。
・書いた基準の建物を選択します。
・選択した状態でBuildings Toolsで連続して建物を書くと全て建物の向きが揃います。
3.矩形が組み合わさった複雑な建物も書ける。
矩形が組み合わさった複雑な建物もBuildings Toolsできれいに書くことができます。
・複雑な形に合わせて複数の矩形を書きます。
・この際も書いた1つ目の矩形を選択しておくと続けて書いた矩形の向きが揃います。
・書いた全ての矩形を選択して"Shift + J"でオーバーラップ領域接続を実行します。
・書いた矩形すべてが接続されます。
※ウェイ上にノードを追加して"エリア作成(Shift+X)"で建物に凸凹つける方法もありますが私はこちらが好み。
4.矩形で囲まれた中庭のあるような建物でもマルチポリゴン化して書くことができる。
・マルチポリゴン作成(Shift + A)または、オーバーラップ領域接続(Shift + J)どちらでも書けます。

2011年3月2日水曜日

モスクワ・ロンドン・東京 2011-03

"Russian OSM – Stats"
http://www.geocomrade.com/2011/02/20/russian-osm-stats/
昨年から今年にかけてロシアOSMの伸びが大きい。ここ6ヶ月間内にマッピングした貢献者は全体の83%におよぶ。

(ito OSM MapperでのOSM編集者数解析)
モスクワ 840ロンドン 1,600
東京 280
"Russia’s OSM Enters Mainstream"
http://www.geocomrade.com/2011/02/10/russias-osm-enters-mainstream/
・最もよくマッピングされている都市はルイビンスク
・ロシア国内のOSM貢献者は4、5千人