現在、無償有償にかかわらず様々な地図や地図サービスがあります。これらの地図にはいずれにも著作権が設定され、その多くで無断複製、改編が禁止されています。地図そのものをユーザの手で直接修正することはほとんどの場合できません。OpenStreetMapは世界中のユーザー自らが地図を書き、発展させる自由なライセンスの地図です。ユーザーが望む新しい道や建物、公園、お店などの地図情報を誰もが自由に追加・編集できます。さらにはその公開された自由な地図データをもとに新しい地図の使い方を創り出せるプロジェクトです。>>>「OpenStreetMapの基本」

2010年12月31日金曜日

関内地区ビデオマッピング

2010年ラストのマッピングは横浜・関内エリアでした。関内地区OSMの地形が整ってきたのでPOI取得をメインにビデオマッピングしてみました。2010年の年始めマッピングは港が見える丘公園でした。OSMを通じて多くの方と交流が持てた2010年でした。感謝いたします。

2010年12月28日火曜日

JOSM写真トレースでのズレ調整 (Adjust imagery offset)

現在、JOSMの安定版Verは3701ですが3715からimagery, wms, slippymap のプラグイン機能が本体に含まれるようになりました。またMLでも話題になったようにBing写真のズレ調整の要望があったためか写真・画像をトレースする場合、写真・画像のズレ(オフセット)調整量をJOSMに登録するすることができるようになっています。使ってみると前回編集したズレの調整量が保存されているので便利ですが、初めての方には登録までの操作がやや分かり難いです。

***** 以下はJOSM Ver.3748での操作です。*****
Bing写真をトレースに使う場合は、メニューの"画像">Bing SatをクリックするとBing写真のレイヤが表示されます。
画面右、レイヤーのBing Satを右クリック>表示されたメニューのNew offsetクリック>オフセット調整のボックス(Adjust imagery offset)が開きます。
ここでオフセットの数値を直接入力してもよいですが、入力せずにそのまま後ろの Bing写真をドラックすると位置調整できます。位置が合った状態で名前を入力、OKボタンを押すと調整量が登録されます。


設定画面で登録されたオフセット調整を見るとこんな感じです。

2010年12月24日金曜日

生まれ変わる地図

12月からBing航空写真を下絵にしてOSM地図を書くことができるようになりました。現状、公開されている航空写真の範囲は限られた都市部のみで都市計画区域(国土の約26%)よりもはるかに狭いです。それでもオルソ処理、タイル化された年代の新しい高解像度写真を利用する編集が可能になったことは、日本の都市部におけるOSM編集を一変させます。
半年、数ヶ月と時間をかけてGPSログとロギング写真をもとにマッピング編集した地形図もBing写真の情報量、精度にはかなわない部分がほとんどです。
個人的に時間をかけてマッピングした思い出の地も(鎌倉、東京駅八重洲、銀座、増上寺、皇居、靖国神社、東大駒場、横浜みなとみらい、港の見える丘公園・・・・)Bing写真のトレースが進むにつれ、私が編集した地形は消えていくでしょう。
東京駅八重洲>土砂降りのナイトマッピング
鎌倉・鶴丘八幡宮>もっともマッピング回数多い場所、家族そっちのけで歩いた、走った。
横浜・港の見える丘公園>お正月ohwadaさんと家族でマッピング、中華街で美味しいお食事。
Bing写真の利用で思い入れのある多くの地形が書き換えられると思います。寂しい気持ちもありますが受け入れましょう。それがwiki地図OSMであると考え、日本のOSM書き始めに立ち会えたことを感謝します。
日本以外、世界の多くの地域ではすでに高解像度写真がOSMマッピングに利用され、それとともにGPSロギング、POIマッピングも行われるスタイルが確立されています。日本のOSMはステップアップします。

2010年12月19日日曜日

OSM次のステップへ"Fast Food OSM"

"Fast Food OSM"はGoogleマップにOpenStreetMapのファーストフード情報(amenity=fast_foodタグ)をちりばめたiphoneアプリ。cuisineタグでファーストフードの種類分けしてます。
注意!このアプリではOSM地図は表示されません。
「え~POIだけ~」と思う反面、これを見るとOSMの大きな可能性を感じます。見方を変えると簡単に凌駕できるかも。何かが始まった感じがします。

2010年12月12日日曜日

斜景のBing建物写真とGPSログ

先にBing建物入力対策として <斜景の建物写真から建物を描く>を書きましたが、実際に建物のGPSログと重ねられた場所があったので紹介します。建物の周りを歩いてGPSログを取っています。角に見える青数字はwaypointです。建物中央上のwaypoint_089とその両脇、北西、北東の建物ログが建物の影になっています。この場合、写真どおりの位置でビル屋上の形をなぞるとログとずれてしまいます。つまり本来の位置ではない可能性が高くなります。このビルを書くのであればGPSログと周りの道路幅、写真の斜め具合を参考になぞる必要があります。写真が斜めで撮影されていること、ビル南西壁付近のログが写真と一致していることからこのビルに関してはGPSログを基本に書くことを薦めます。
この建物は数年前にGPSログだけで書いていますが、写真との整合はとれているように見えます。

2010年12月10日金曜日

Bing航空写真から建物buildingを入力する。

12月1日からOpenStreetMapではBing航空写真のトレース利用が可能になりました。Potlatch 2ではもちろん、JOSMではslippymapプラグインもしくは、Imageryプラグインを使うことでBing航空写真を利用したトレースが可能です。

建物入力をしていて気がついたことを2点まとめました。

Bing建物入力対策 その1.<斜景の建物写真から建物を描く>
建物が真上からでなく斜めに写っている場合があります。その場合、建物屋根、屋上部分をそのままなぞるのではなく周りの道路位置、道路輪郭線、GPSログから建物の位置を読み取って描きます。
Bing建物入力対策その2.<建物ひさし部分の描き方>
軒先、ひさし状の部分を除いて建物の輪郭(赤点線)を描きます。商店、トラックの荷卸場、ひさしのある建物など。