現在、無償有償にかかわらず様々な地図や地図サービスがあります。これらの地図にはいずれにも著作権が設定され、その多くで無断複製、改編が禁止されています。地図そのものをユーザの手で直接修正することはほとんどの場合できません。OpenStreetMapは世界中のユーザー自らが地図を書き、発展させる自由なライセンスの地図です。ユーザーが望む新しい道や建物、公園、お店などの地図情報を誰もが自由に追加・編集できます。さらにはその公開された自由な地図データをもとに新しい地図の使い方を創り出せるプロジェクトです。>>>「OpenStreetMapの基本」

2010年4月21日水曜日

OpenStreetMap response to Haiti Quake 記録メモ4

・・・・HaitiMap作成の個人的な記録メモ 4・・・・
* 1/15(Fri) 19:01TL>ハイチ震災OSMマッピング要件、重点フィーチャ ・橋・避難キャンプ・倒壊建物・通行不可の道路 http://bit.ly/3srIF5
(国連から要望があったマッピング重点フィーチャ)
1. を書くのが重要です。倒壊した橋は、bridge=collapsed。2. 避難キャンプを書くことを求められています。  避難キャンプはtourism=camp_siteとrefugee=yesで、エリアで描く。
3. 倒壊した建物は、building=collapsed。4. 壊れそうな建物、building=risky。5. 通るのが無理な道路 smoothness=impassable。災害用のタグがOSMに無かったことに気がつく。上記のタグ付けは後で定義されたもの。http://wiki.openstreetmap.org/wiki/WikiProject_Haiti/Mapping_Coordination

避難キャンプ、地すべり箇所や倒壊建物へのタグ付けに当初戸惑う。この経験が今後への財産となる。
(倒壊建物トレース:ポリゴン)
(倒壊建物トレース:ノード)
(地すべりトレース)